産後に骨盤矯正を行った方が良い?その理由とメリットとは

骨盤矯正は身体のゆがみを整える効果があるといわれており、特に産後の女性が行っておくことで、出産後のスタイルアップや不調の予防や改善に効果が期待できます。骨盤矯正はなぜそこまで多くの効果をもたらしてくれるのでしょうか。

骨盤は上半身と下半身を繋ぐ骨

骨盤は腰の下にある骨で、上半身と下半身を繋ぐという重大な役目を持っています。上半身と下半身どちらとも繋がっているので、骨盤が歪んでしまうとその影響は身体中どこにでも出てしまう可能性があるのです。例えば猫背や腰痛、O脚などが骨盤の歪みであらわれる症状として上げられます。また他にも骨盤の歪みは内臓にも影響を与えてしまいますので、冷え性や便秘、さらには女性のホルモンの分泌にまで影響を与え、不妊の原因となったりPMSなどを引き起こしてしまうこともあるといわれているのです。骨盤矯正を行うと、骨盤に繋がる上半身、下半身それぞれの骨や筋肉、内臓が正しい位置に戻り、さまざまな不調を改善してくれる効果があるといわれています。骨盤はそれだけ身体に大きな影響を与える大切な骨なのです。

産後に骨盤が歪んでしまうわけ

産後は骨盤が歪みやすくなっています。出産のためには赤ちゃんが産道を通れるようにしなければいけないので、骨盤の靭帯や関節が緩くなっています。靭帯や関節が緩くなっているということは、逆に言えば姿勢や身体の使い方の癖によって骨盤が歪みやすくなってしまうのです。授乳やおむつ替えなどの赤ちゃんの世話で身体のバランスが悪くなりがちですし、さらに赤ちゃんがお腹にいる時にはあまり運動ができなくなっていますので筋力が低下してしまったり、赤ちゃんの重さで反り腰になってしまうので、どうしても歪みが生じてしまいやすくなります。これらの理由から、妊娠中から産後にかけては骨盤が歪みやすくなってしまいますので、骨盤矯正を行って正しい位置に骨盤を戻すことが大切になります。

産後の骨盤矯正が良い分け

さまざまな理由で骨盤が歪んでしまっている産後の女性ですが、この時期は関節や靭帯が柔らかいという特徴があります。そのため、通常のタイミングで骨盤矯正を行うよりも、正しい位置に骨盤を戻しやすくなります。また、正しい位置に骨盤を戻しやすくなるということは、妊娠前からあった骨盤の歪みも整いやすくなりますので、さまざまな不調の改善と同時にスタイルアップも目指すことができるのです。
しかし出産はお母さんの身体に大きな負担をかけてしまっていますので、早く骨盤矯正を行いたいからといって無理をすることは禁物です。産後2か月から6か月ほどの間に骨盤矯正を行えば正しい位置に骨盤が戻しやすくなりますので、体調を考慮しながら行うようにしましょう。